笹原商産ロゴ

確かな技術をあなたの手に

目標を決め、自分を磨く

昨今、「大企業不倒神話」が崩れ、終身雇用制の崩壊や中途採用の定着など、人的な側面からも過去に常識と思われていたことが大きく変化しています。それと同時に、人物の見方も変わってきています。

これまで、「どこの大学、会社で何をやってきたか」というブランドが問われてきましたが、
これからは「あなた自身は何ができるのか」が重要になります。 つまり、ブランドで判断されることよりも、あなただからこそできることは何か、という個人能力がダイレクトに問われる時代です。
このような時代を乗り切るために、「技術の取得」や「資格」が重要になります。

資格取得を目標に

空調衛生設備工事では、現場の監督や進行の管理などを行う「施工管理技士」と、実際に現場で施工作業を行う「登録配管基幹技能者」が、双方力を合わせて作業を行います。
技術者不足がさけばれている昨今、多くの学びと経験・知識と技術を備えた「施工管理技士」や「登録配管基幹技能者」は、企業や社会に必要とされる人となるでしょう。
笹原商産では、そんな国家資格が取得できるようサポートしております。

施工管理技士

建設現場に欠かすことの出来ない存在の施工管理技士。施工管理技士は国家資格の一つで、現場の監督や進行の管理などを行うために必要な資格です。
老朽更新需要やインバウンド効果による空港やホテルなどの設備投資もあり、施工管理技士の需要はますます高まっています。

仕事内容

  • 積算実施設計図を元に必要な材料・労務費・経費など工事に掛かる費用を算出
  • 施工の準備CADによる施工図作成・施工工程の作成・安全管理計画の作成
  • 施工中の確認施工工程の管理・品質管理・安全管理
  • 完成完成検査や行政機関の確認を得て、お客様に引き渡し

キャリアパス

施工管理技士の資格は必須ではありませんが、現場を施工管理する上で、請負金額・下請金額の合計額により必要不可欠となり、更に請負代金額により現場に専任で配置することも義務付けられます。

  • 1年目
  • 5年目
  • 10年目
  • 20年目
  • 30年目
  • 40年目
  • 初級施工管理者レベル1(経験:1年~4年)

    先輩から指示を受け定型的業務を行うことが出来る。建設業及び実務に関する基礎知識を習得する。

    資格2級管工事施工管理技士
  • 中級施工管理者レベル2(経験:5年~8年)

    業務計画を立案し承認を受けて業務遂行できる。適切な判断・要件変更への対応が出来る。一部上司の指示を受け、要求水準を達成できる。

    資格1級管工事施工管理技士、監理技術者
  • 上級施工管理者レベル3(経験:9年~12年)

    部下に業務を指示し、指導できる。現場責任者として権限と責任を理解し要求水準を達成できる。様々な問題を解決できる。人材育成計画を立案し部下を指導できる。

  • S級施工管理者レベル4(経験:13年~19年以上)

    組織を統括し、計画的に業務を遂行させることが出来る。部門運営計画の立案・提案が出来る。関係部署・外部と調整して問題解決することが出来る。責任者不在時は、業務を代行し、結果を報告する。

  • 施工管理部門責任者レベル5(経験:20年~30年以上)

    経営を補佐し活動できる。全社方針・企業施策立案に参画できる。経営の意思決定に参画し部門に達成させる。部門の適正化・利益向上を図る管理業務を担う。

  • 部長・役員・経営者

  • ※各レベルにおける経験年数は目安であり、早期でのレベルアップも可能です。

登録配管基幹技能者

登録配管基幹技能者は、現場で実際に配管やダクト、空気調和設備の取り付けなどを行う「カタチにする」職人です。熟達した施工能力はもとより、技術者に適切な施工方法を提案し、効率的な作業方法や手順の構成、一般技能者の指揮や統率をも行います。

仕事内容

  • 配管工事現場での配管組み立て業務
  • 加工業務現場で組み立てるために図面通りに配管を切断、溶接加工
  • 工務業務現場で組み立てるための施工図、工場で組立てるための加工図等、図面の作成、積算、材料発注
  • 品質管理組立てた配管が求められる品質に適合しているかの確認業務

キャリアパス

資格は各レベルの技能を判断する目安として記載しており、必須ではありません。

  • 1年目
  • 5年目
  • 10年目
  • 20年目
  • 30年目
  • 40年目
  • 初級技能者レベル1(経験:~3年)

    現場での先輩等による指導のほか、企業や事業主団体等が運営する施設等での訓練により、作業や安全に必要な基礎的資格を取得

    資格3級配管技能士
  • 中堅技能者レベル2(経験:4年~10年)

    チームの一員として現場作業を行います。また、数人のグループの班長としての役割もあります。

    資格2級配管技能士
  • 職長・熟練技能者レベル3(経験:5年~15年)

    現場管理や工法、技術等について元請と協議、他職種との調整、作業員への指示等を行います。

    資格1級配管技能士
  • 登録基幹技能者レベル4(経験:10年~15年以上)

    高度な技術力を有し、現場をまとめるマネジメント能力に優れた技能者で、元請の計画・管理業務に参画・補佐する役割を担います。

    資格配管登録基幹技能者
  • 複数現場を統括するリーダー

  • 品質管理担当者

  • 部長・役員・経営者

  • ※各レベルにおける経験年数は目安であり、早期でのレベルアップも可能です。

先輩の声

笹原商産で働いている先輩社員に、仕事のやりがいや難しさ、目標についてインタビューしました。

募集要項

採用エントリーはこちら